旦那が単身赴任中の35歳人妻。人妻の自宅マンションでドキドキセックス

旦那が単身赴任中の35歳人妻。人妻の自宅マンションでドキドキセックス

どーもです。
しがないサラリーマンのゆーすけです。

何かと仕事の忙しい日が続いていて、外回りも楽じゃないです。

そんな時には身も心も癒されたいものですよね。
となれば、女の子とのセックスでリフレッシュしたいものですw

やはり癒しを求めるとしたら「人妻」。

若い子にはない包容力もありますし、こちらがリードしなくても持ち前のテクニックで気持ち良くしてくれるからです。

人妻は若い子より比較的セフレになりやすいので、最終的には継続的なタダマンも狙っていきたいですね。

Jメールで人妻とやり取り開始

今回はJメールを利用して素敵な人妻さんを探してみたいと思います。
いつも通り、掲示板にこちらの希望を書き込んで反応を待つ手法。

しばらくすると数件の返信がありましたが…
どれもあまりピンときません。

普段はあまりアプローチをかけない方ですが、掲示板についた足跡リストから雰囲気の良さそうな人妻を選んで、ダメもとでメールを送信。

次の日に返信が来ました。

「興味はあるんですが、こういったことは初めてで…」

お相手は「ゆかさん」35歳。

かなり警戒している感じだったので、最初からLINEの交換を申し込まず、ポイントの消費は痛いですがサイト内でやりとりをすることに。

どうも旦那さんが単身赴任中らしく、日々時間を持て余しているそうで…
雑誌の広告に乗っていたJメールの存在を知り、登録してみたようです。

しばらく連絡を取り合いましたが、セックスに持ち込みには少し時間がかかりそうなので方向転換。
食事に誘うことにします。

少しためらった様子もありましたが、「お互いを知るためにも軽くお昼でも食べませんか?」と柔らかく誘うと、何とかOK。

私自身、こんな慎重な展開が久しぶりなので若干緊張しますが…

現段階ではLINEや写メ交換も出来ないので、最良の選択でしょう。

品の良さそうな奥様が登場

細かな場所の指定は彼女の希望に通りにして、少しでも警戒心を取り除いていきます。

待ち合わせはなるべく人の多い主要部の駅に設定。

待ち合わせ当日は一応仕事の途中でもあるので、スーツ姿で向かうことに。

もちろんスキあらばホテルに行こうという下心は封印です…

予定時刻よりも早めに到着して彼女が来るのを待つこと10分。
駅の改札からこちらに向かって歩いてくる女性が一人。

キョロキョロと辺りを見渡している様子をみると、ゆかさん本人の可能性が高い。

紺色のブラウスに白いスカートの、キレイめな服装。
顔は思っていたよりも品の良い美人寄りな清楚系です。

しかしここで本人ではなかったら、テンションもダダ下がりなので平常心…

すると、彼女は私から少し離れた場所に止まり、スマホを手に誰かにメールを送っている模様。

もしや…

サイトを開いてメールを確認すると、「到着しました!」の内容。
スマホを手にちらりと横を見ると、彼女と目が合います。

どうやら向こうもこちらに気が付いてくれたようで。
最近あまりなかった、にこやかなファーストコンタクト。

改めて軽く自己紹介をし、早速、少し遅めの昼食を食べに向かいます。
彼女の希望は美味しいパスタ屋さん。

35歳といっていましたが、見た目はまだまだ20代でも通用しそうな感じです!

胸のサイズも推定C~Dというところでしょうか。

彼女も、私が想像していたよりも若かったようで驚いていました。
もっと中年らしい男性と思っていたんでしょうね…

食事をしながらお互いのことや、彼女の私生活について色々話します。

彼女もすっかり警戒心が解けたようで、最後のほうはかなり積極的に話してくれました。

本来ならばこのままセックスしたいところですが…
事前の約束どおり、今回は食事と会話だけでお別れすることに。

でもしっかり連絡先は交換できました。

まさかの自宅へのお誘い

後日、LINEでやりとりをはじめると、これまでの雰囲気とは一転。
かなりフレンドリーに話しが進みます。

彼女自身乗り気になってきたようで、多少の下ネタも受け入れてくれます。

時間が余っていて寂しいというのは本当なんでしょうけど、夜の方も多分持て余している雰囲気がしますね…

やはり、品の良い奥様でも欲求不満にはなるようで、エロトークになるとノリノリで自信の経験談を話し始めます。

このチャンスを逃すまいとエロ写メを要求したら、オッパイの自撮り画像をくれました。

LINEでお願いするとオッパイの画像をくれました

やっぱり彼女も性欲に飢えた奥様でしたね。

自分からアピールしてくるエロ人妻ですw

ま、出会い系に登録する人妻の「ヒマだから」は大抵が表向きの理由ですが。

すると彼女の方から、まさかの自宅へのお誘い。

人妻からまさかの自宅お誘いに期待してしまいます

思ってもいない展開に少々驚きましたが、これまでの話しの流からすると確実にセックスが出来ます。

というか、むしろ向こうから誘ってきていますw

自宅でイチャイチャセックスは正に不倫体験

まさかの自宅展開に、さすがに緊張を隠せぬまま当日を迎えます。

これまで数多くの出会いをこなしてきたと自負する私といえども、人妻の家でハメた経験なんぞありません。

とにかく平常心を保ちながら彼女の家へ向かうと、自宅は住宅街に立つ高そうなマンション。

さすがに見も知らぬ男がいきなり高いマンションに入ったら住民に怪しまれそうなので、セールスマンを装ってお邪魔することにしようと事前に打ち合わせしております。

オートロックを開けてもらい自宅のドアでインターホンを鳴らすと彼女がお出迎え。

気のせいか、以前よりも露出度の高めな服。 自宅だから?

これは向こうも準備万端という事ですかね。

3LDKの自宅はとても綺麗にされており、裕福な家庭であることが分かります。

彼女に案内されてリビングのソファに座り、持参したケーキを一緒に食べることにします。

まるで恋人かのように会話が弾み、徐々にお互いの距離が近くなっていきます…

彼女自身、この先の展開を待ち望んでいるような距離です。

ここは男らしく彼女の腰に手を回しグッと引き寄せ、そのまま唇を奪うと同時にソファに押し倒します。

「あっ、だ、だめですよ」なんて一応嫌がる素振りをします。

ですが!
しきりに舌を絡ませてくる様子を見ると…やる気満々。

特に抵抗らしい抵抗もなく、肌に触れると軽く息を荒げています。

薄手のブラウスを脱がして綺麗な柔肌を愛撫。
人妻特有の肉付きのいい体は抱き心地が良く、いつまでも触っていられそうです。

ブラを取ると、自撮りで見せてくれた綺麗なバスト。

乳首はいい感じに使いこまれた色合いで少し大き目ですが、甘噛みする度に体が跳ね上がるほどの高感度です。

人妻特有のエロさと彼女の自宅というシチュエーションに、自制心がすっかり崩壊。

そのまま下着を剥ぎ取り、すでにしっとりと濡れた彼女に秘部に息子を押し当てます。

さすがに生挿入は不味いかなと思いましたが、拒否する様子が無いためそのまま頂くことに。

人妻の自宅でのセックスはかなり興奮しますな

ズブリと一気に奥まで押し込むと、「あぁぁっ…んっ…」と久しぶりであろうセックスに感じている様子。

近所に聞こえるのを思ってか、大きな喘ぎ声は我慢しているみたいです。

かなり久しぶりのセックスの様で、挿入されながらもしきりにキスをねだって口を突き出してきます。
人妻といえども一人の女性ですから、性欲だってありますからね。

正常位から、ソファに座った状態で対面座位へ移行すると、彼女のいやらしい体が良く見えます。

少し大きめのお尻を鷲掴みにして、腰を動かし激しく打ち付けると秘部から愛液が溢れているのが丸見え。

欲求不満な人妻のエロさは鉄板です

かなりの淫乱ぶりで、最終的には自分から腰を振り始め、あまりの速度に危うく暴発しそうになって慌ててバックの体勢に変更。

ソファに顔をうずめさせ激しくピストンし、射精感が高まったところでお尻に大放出です。

旦那の替わりにセックスする関係

一回戦を終えてしばらく休んだ後、一緒にシャワーを浴びることに。
人の家の風呂に入る機会なんてそうそうないので、なんだか緊張しました。

丁寧に体を洗ってもらっている状況にまた興奮してきてしまい、息子が反応。

「もう元気になっているんですね」

無邪気に笑う姿は反則ですねw

その後、今度は寝室で2回戦こなし、最後には夕食までご馳走になってすっかり長居してしまいました。

食事中もイチャイチャと恋人のように過ごし、その日は気分よく帰宅。

それから彼女とは定期的に連絡を取って、時間が合えばラブホに誘ってセックス。

ラブホでは激しく感じまくるエロ人妻です

さすがに自宅は最初だけでしたが、旦那の居ぬ間に2人でセックスに勤しんでおります。

やっぱり出会い系で人妻は鉄板なのを再確認しました。

人妻とセックス込みで親しくなれるサイト→Jメール

 

週間人気ランキング

セフレ出会い体験談