50代の熟女セフレが出来た話

50代の熟女セフレができました

彼女は、56歳、ルミ。私は59歳。
年齢が近いセフレの募集ということで、出会いました。
鎌倉の海沿いのファミレスで待ち合わせをしました。

ルミの趣味はドライブなので、夕日のきれいな鎌倉をドライブの予定です。
予定の時間より前に私は席に座って待っていました。
すると、時間通りに現れたのは、ぽっちゃりとした色白の熟女でした。
二人で、世間話、趣味の話などをした後で、彼女の車に乗り込みました。

日は沈んで、空は赤く染まってていました。
照れる私でしたが運転中の彼女の膝に手をおきました。
サイト上でHな話題も盛り上がっていたので、そのサインは通じたようです。

ゆっくりと20分ほど走ると、右側に現代的なファッションホテルが見えてきました。
車はその中へ。
二人の住所とは離れているので、安心してチェックインしました。

50代の熟女セフレ

部屋は大きなベッドと鏡がありました。
コーラで二人で乾杯しました。

私は、先に風呂に入りました。体を洗っていると、何と全裸のルミが入ってきました。

ぽっちゃりの白い肌が印象的でした。
ルミは私のペニスをフェラしてくれました。

妻も最近はしてくれないので、大いにペニスは喜びました。
浴槽の中で、ルミのあそこを弄びました。

ベッドで二人で抱き合いました。
柔らかなルミの肢体が心地よかったです。

Cカップの胸は私にちょうど良いサイズです。
乳首、から、首筋に舌を這わせるとルミは体をくねらせました。

独り身が長かったせいでしょうか。
全身を私は舐めまくりました。

ルミは硬くなったペニスを丁寧にフェラしてくれました。
いよいよ、挿入です。年齢に応じたあそこの締まりの膣でした。

温かいか彼女の中で、爆発しそうなペニスの様子をみながら、ピストン運動を続けました。

バックは私は、すぐにイッテしまうことが多いのですが、ルミのあそこはマイルドで、発射を我慢できました。
正常位、松葉崩し、騎乗位と続けました。

ルミのあそこは歳のわりにピンク色できれいでした。
60分くらい行為を続けたでしょうか。
最後は正常位での営みでした。
ルミのあそこは流れ落ちるほどの愛液でした。

初めてセックスをした二人なのに、一緒に果てることができました。

中で出した精液を、ルミは拭き取り、私のペニスを口できれいにしてくれました。
ホテルをクルマで後にして、私は心地よさで眠ってしまいました。

目が覚めると、そこは鎌倉駅でした。
私が起きるまで、しばらく駐車して待っていてくれたんです。

最後のキスをして、彼女のクルマを見送りました。
ルミとは、月に一度のペースで会っています。

熟女も集まる→セフレ募集掲示板


週間人気ランキング

セフレ出会い体験談