withでセックスする方法!セフレ化するコツや体験談も紹介

掲載しているサービスの一部に広告を含みます

マッチングアプリのwithには、出会いを求める女性が多く登録しています。

業者が多い出会い系とは違い、どの女性も恋人探しに真剣。

マッチングすれば、恋人ができる可能性は十分にあります。

では、「セックスしたい」「セフレがほしい」という場合はどうなのでしょうか?

ここではwithの女性をセックスに持ち込む方法や、セフレ化するコツを解説しています。

記事後半には、実際に私がwithで即セックスした体験談も紹介しています。

マッチングアプリwithの特徴

マッチングアプリwithの特徴

マッチングアプリのwithには次のような特徴があります。

  • 基本的には婚活用アプリ
  • 他社より女性の容姿レベルが高い
  • 心理テストを活用したアプローチが可能

withの会員は、男女ともほとんどが婚活目的。
特に女性は結婚への意識が高く、遊び目的の人はほとんどいません。

最初から下心がまる見えの男性は、敬遠されてしまいます。

次に、女性の容姿レベルはライバル他社より高いです。

私が利用した感触でも、アプローチしたいと思える女性が次々に見つかります。

ただし婚活用アプリなだけに、年齢は少々高め。
女性はアラサー以降がメインとなります。

そして、心理テストを重視しているのもwithの特徴の一つ。

withで出来る心理テスト

withで出来る心理テスト

簡単な心理テストが用意されており、その結果からオススメの異性がリストアップされる仕組みです。

プロフィール閲覧時に表示される相性の良さも、心理テストが関係したもの。

内面を重視する人には、特に使いやすいマッチングアプリといえます。

ワリと個性的なマッチングアプリの部類です。

withでセックスする方法

withでセックスする方法

withでセックスするには、まず狙った女性とマッチングすること。

十分なやり取りを経て、デートに持ち込まなければなりません。

そこで、マッチングからデートのアポ取りまでのコツを紹介します。

好みカードを沢山設定する

withのプロフィールでは、「好みカード」を設定できるようになっています。

好みカードとは
自分の趣味嗜好をカードの形にして表現したもの。
好みカードは積極的に設定しよう

好みカードは積極的に設定しよう

相手が同じカードを設定していると、お互いのプロフィールに共通点として表示されます。

共通点が多いと相手の興味を引きやすく、マッチング率が上がります。

よって、好みカードはできるだけ多く設定した方がお得。

一般的に女性が好みそうなもの(カフェ巡りや動物好きなど)をチョイスしましょう。

ちなみにマッチング率は、10%もあれば上出来。

もしマッチング率が2%を下回るなら改善が必要です。

プロフィール上の問題や、「いいね!」を送るターゲット選びを見直してください。

自己紹介では誠実さと真面目さをアピール

withは婚活用のマッチングアプリなので、女性は結婚できる相手を探しています。

女性が結婚相手に求めるのは、誠実さと真面目さ。

男性は女性側のニーズに合わせた内容を、自己紹介に盛り込むべきです。

例えば誠実さをアピールするなら、下記のような内容が効果的。

「一度付き合ったら長く続く方です」
「過去に浮気されて傷付いたので僕は絶対にしません」

真面目さがアピールできる内容は下記の通り。

「夜遊びはしません」
「資格取得に向けて勉強中」

真剣な男性を演じることで、マッチングする可能性がアップします。

心理テストで相性の良い女性から狙う

withの女性会員は心理テストの結果をとても気にします。

つまり相性の良い女性を狙えば、自ずとマッチング率が高くなるということ。

心理テストで相性の良い女性は、「さがす」の中の「For You」タブにリストアップされています。

条件に合った相手が表示される

条件に合った相手が表示される

容姿が好みとは限りませんが、マッチング率を重視するなら効果的です。

性格だけでなく、身体の相性が良い可能性もありますからね。
狙ってみる価値は十分にあります。

マッチングしたらこまめにやり取り

「相手をしっかり見極めてからデートしたい」

というのが、婚活アプリを利用する女性の考え方。

withで女性を口説くには、こまめなやり取りが必須となります。

デートに誘うまでの目安は1週間。
毎日3往復ほどのやり取りを行い、相手の興味を十分に引き付けるのが鉄則です。

「やり取りが苦手」
「すぐにデートしたい」

そんな男性も多いですが、やり取りが不十分なままデートしても即セックスはできません。

むしろ会話が噛み合わず、つまらないデートになりがち。
せっかく出会えても、2回目のデートに進めない可能性が高いです。

女性から好意を感じる程度までやり取りして、お酒が飲める場所へと誘いましょう。

デートでホテルに誘ってセックスする手順は、下記の記事を参考にしてください。

即セックスはできるがセフレ化は難しい

前述した通り、セックス目的でwithに登録している女性はいません。

しかし女性は「好意を持った相手」となら、会ったばかりでもセックスします。

男性側が上手く口説いてあげれば、むしろセックスしやすい相手です。

ただし、セフレ化は非常に困難。

上手く口説いてセックスできても、「私達、ちゃんと付き合うんだよね?」と確認されます。

ここで「いや、付き合いはしない」と答えたら、その場でケンカ。
かといって「付き合う」と嘘をつけば、恋人として束縛されます。

なので、安易に「付き合う」と答えるのはNG。

女性から付き合うか確認された時点で、セフレ化が困難になるわけです。

セフレ化を狙うなら、付かず離れずの距離を保つ

どうしてもセフレにしたい場合は、女性に付き合うのか質問させないこと。

そのためには、付かず離れずの距離を保つことが重要です。

会っている時は「可愛い」「大切な人だと思っている」など、たくさん褒めましょう。

「付き合ってる」と言ってはダメですが、それ以外の甘い言葉はどんどん使ってください。

もちろんセックスも情熱的に行います。

その一方で、会っていない時はしっかり距離を取ること。

  • 自分から連絡しない
  • 記念日や誕生日にデートしない
  • 会う回数を月に1~2度に抑える

この状態を維持すれば、女性は薄々「付き合ってはないんだろうな」と気付きます。

それでも会っている時は恋人気分が味わえるため、女性としては別れにくい状態に。

結局、「他にいい男がみつかるまではこのままの関係で」という判断になり、セフレ関係が暗黙の了解となります。

withの女性をセフレ化するには、上手く距離を保つことが何よりも大切。

withを利用する時の注意点

withを利用する時の注意点

withを使う時は、次のような点に注意してください。

長期契約をしないこと

マッチングアプリの大手といえばPairsとOmiai。
この2社と比べると、withの会員数は少ないです。

マッチングアプリの累計会員数を比較

新規会員もそれほど多くはなく、プロフィール検索で絞り込むと該当者は少数。

私の経験上、課金から2週間ほどでアプローチしたいと思える女性がいなくなります。

よって、有料会員の期間は1ヶ月がベスト。

割引が効くため長期契約が推奨されていますが…

連続して1ヶ月以上使うと、アプローチする相手がいないので意味がありません。

いいねの乱発ができない

マッチングアプリでは、残いいね!数が出会いを産む種となります。

pairsやOmiaiなら、ログインボーナスで残いいね!を貯める作戦が効果的ですが…

withの場合、ストックできる残いいね数は100だけ。

男性(無料会員)
ご登録日から30日毎に、「いいね!」を押せる回数が30回分増えます。
※残回数として保有できるのは100回分までとなります

引用:with

それ以上は課金して、「いいね!」を購入することになります。

この時の値段は、「1いいね!」あたり約100円~160円と高め。

よって、withでのいいね!乱発は愚策です。

アプローチする相手を厳選して、マッチング率を高めることを考えてください。

嘘をついてセフレ化してはいけない

セフレにしたいからといって、嘘をつくのは危険。

その気もないのに「結婚前提で付き合おう」などと言ってはいけません。

女性側は真剣に婚活しているため、セフレ狙いがバレた時に激しく怒ります。

中には「騙された」「詐欺だ」と恨む女性も。

恋愛感情のもつれは、犯罪の動機にもなり得ます。

騙された女性はかなり執念深いので、注意してください。

withで初デートからセックスできた体験談

私がwithでアプローチする相手は、好みカードに猫関連を挙げている女性から選びます。

というのも、かわいい猫を2匹飼っているから。

プロフィール写真は猫達と一緒に写っており、猫好きの女性にウケが良いんです。

マッチングした後のやり取りも、猫の話題で盛り上がれます。

ある日も猫好きの女性を探していると、下のような33歳の女性を見つけました。

withで知り合った女性のプロフ

withで知り合った女性のプロフ

彼女が猫好きであることは間違いありません。
きっと私のプロフィール写真に反応してくれるはず。

それにバスケなどの下半身をよく使うスポーツをしている女性は、良マンコな人が多数。

入口が狭くて気持ちいいセックスができるんです(笑)

はっきりいって、好みのルックスではありませんが…

猫という共通点によるマッチングのしやすさと、セックスの満足度に期待して「いいね!」を送信。

すると、2時間ほどでマッチング成立。

「マッチングありがとうございます。
お互い猫好きなようなので気が合うと思います。
まずは楽しくやり取りしましょう」

「よろしくお願いします。
猫ちゃんの種類は何ですか?」

彼女からの返信で猫談義が始まり、作戦通りすぐに仲良くなれました。

じっくりやり取りしてからデートに誘う

猫談義から始まったやり取り。
3日目にはお互いの恋話を語るまでになっていました。

「元彼さんとは何で別れたんですか?」
「彼が浮気しちゃって…
信じることができなくなりました」

「それは辛かったでしょうね。
僕も浮気されたことがあるので、気持ちは分かりますよ」

「浮気する人は嫌いです><」
「僕もです。
自分が浮気されて辛かったので、絶対にしないと心に決めてます」

「そうなんですか。誠実ですね。
次にお付き合いするならそういう人がいいです」

これで誠実アピールはOK。
やり取りの話題を提供しつつ、最終的に自分のアピールに繋げるのが私の得意技です。

仕事の話題から勤労な一面など、そこそこ出世していることもアピール。

さらにクリスマスの話題から、女性に尽くすタイプだと印象付けます。

おかげで、彼女は私に興味津々。
7日目には「素敵ですね。元カノさんが羨ましいです」とまで言ってくれました。

たとえお世辞であったとしても、女性がここまで言うのはデートOKのサイン。

食事に誘ってみると、「はい、ぜひお会いしたいです」と返事がありました。

初デートで即セックスを狙う

初デートとなった当日。
彼女は写真と同じ見た目で、ブスでもない年相応といった普通の女性。

でもルックスは好みではないので、狙うは即セックスのみです。

そのため、デート序盤から猛アピールを行いました。

「写真でみるより、ずっと可愛いです!」
「そんなことないですよ。
私、パッとしない顔だし」

「落ち着いた雰囲気で素敵です。
それにスタイルも綺麗」

「バスケやってるからですかね。
今でも毎朝走ってますよ」

「おー、毎朝ですか!
スポーツ女子、大好きです」

「それなら良かったです」
「スタイルが良くて猫好き。話も合う。
僕にとってはとても魅力的な人です」

「アハハ。
そこまで言われるとちょっと恥ずかしいですね」

こうして褒め続けること1時間。
すでに好意は伝わっているはず。

彼女もまんざらでもない様子なので、一気に落しにかかりました。

「今日会ってみて、僕の印象はどうですか?」
「イメージ通りでした。
たくさんやり取りしたので長所は分かってたし」

「僕の長所というと?」
「お話が楽しくて仕事に真面目で、あと誠実なところですかね」
「そういえば、次は誠実な人がいいって言ってましたよね?」
「はい」
「じゃあ、僕は合格?」
「合格ですね(笑)
逆に、私は合格ですか?」

「もちろん合格^^」
「良かったぁ」
「お互いの気持ちが分かったことだし…
良かったら場所を変えませんか?」

「どこ行きましょうか?」
「んー、今日は泊まっていって欲しいな、と」

彼女は少し考えた様子でしたが…

「明日は休みなのでOKですよ」と快諾してくれました。

これは直前に言った「お互いの気持ちが分かった」というフレーズが効いたと思います。

期待通りのキツマンだった彼女

ホテルに入るとすぐに一緒にシャワーを浴び、イチャイチャ開始。

彼女はスポーツをしているだけあって、綺麗なスレンダー体型です。

ベッドに移ってディープキスしていると、彼女が早くも興奮状態。
すぐにフェラをお願いしました。

あまり上手くはないものの、頑張って舐める姿が可愛いです。

しばらくフェラをしてもらってから攻守交代。
彼女のアソコに触れてみると…

期待通り入口が狭いキツマン!

感度も良くて、少しGスポットを刺激しただけで大洪水です。

「挿れて…」
「ん?なんか言った?」
「挿れてほしい…」

彼女がそう懇願するので、正常位で挿入。

「あぁぁぁああっ!!」

挿れた時のリアクションもグッド。
正常位だけで2~3回イってくれました。

正常位で激しくセックス

正常位で激しくセックス

しかし、体力自慢のバスケ女子はまだまだ動ける様子。
自ら私の上にまたがり、騎乗位で激しく腰をふり始めました。

チンコを握り跨る様子

チンコを握り跨る様子

「凄い腰つきだね。上手だよ」
「気持ちいい?」
「うん、気持ちいい。
もう出そうだよ」

「いいよ、出してっ」

そういって腰振りのスピードをあげる彼女。
おかげで私は気持ちよくフィニッシュ。

男をイカせるのが好きなのか、彼女もかなり満足げな顔をしていました。

結局はワンナイトのセックスで関係終了

翌朝、チェックアウトを済ませて解散。
これが真剣交際なら、お礼のLINEを入れるのが常識です。

でも私の狙いはセックスするだけの出会い。

案の定、彼女からは「付き合ってるし、どこかデートに行こう」と来ましたが…

あえて返信を遅らせ、距離を置きました。
彼女としては交際の確証が欲しいのでしょう。

セフレとしてならともかく、私に付き合うつもりはありません。

結局は徐々にLINEのやり取りも減り、1ヵ月ほどで完全にフェードアウト。

「何か気に入らなかったんだろうな」という印象を与えて、関係が終了しました。

まとめ

withでもセックスできる子と出会える

withは基本的に婚活用のマッチングアプリ。

まずは効率良くマッチングできるよう、プロフィールを作り込むことが重要です。

  • 好みカードをたくさん用意しておく
  • 自己紹介で誠実な男性をアピール

あとは心理テストで相性の良い女性を狙うだけで、出会える確率がグンと高まります。

やり取りで親しくなっておいて、会ったときに積極的にアプローチすれば、即セックスも十分可能です。

今回のwith攻略法を実践して、気が合う女性とのセックスを楽しんでください。

with 公式サイトはこちら

マッチングのコツをつかめば、好みの女性も狙い放題になりますよ!