【名古屋】出会い系サイトで知り合った女子大生と羞恥プレイ

夏休みは出会いのチャンス

夏になると、人は開放的になるとよく言われています。
もちろん、世間の雰囲気的にもこのことは容認されているのが事実。

実際に出会い系サイトにおいても同様のことであり、夏になると出会いの機会が増えるのものです。

愛知県の名古屋市に住む私は、どこにでもいるようなサラリーマンです。

既婚者であり、子どもいます。
夫婦仲も良くて、家庭にはなんの不満もありません。

そんな平均的な男である私は、一つ趣味があります。
それは出会い系サイトです。

頻繁ではないですが、時々サイトを開いては出会える女性を探しております。
勿論目的は「セックスをする」この一言に尽きると思います。

そしてあわよくば、セックスフレンドの関係に持ち込みたいのです。

そういった目的を果たすためには、出会い系サイトはまさにうってつけの場所なのです。

家庭を円満にするためにも、性欲の捌け口を確保しておきたいんですよね。

しかし出会い系サイトといっても、いつでも簡単に女性に会えるわけではありません。

時期や時間、女性の望むものをしっかりと見極めて行動を起こすことが重要です。
その点では夏はまさに出会い系いとって絶好のタイミング。

夏になると学生の多くが長期の休みに入り、暇を持て余しています。
暇つぶし感覚で出会い系サイトを使用する機会も増えます。

そうなると必然的に会うことのできる機会が増えて、高確率で目的を達成できることが多いんです。

知り合ったのは女子大生

いつものごとく名古屋のセフレ掲示板に自分の希望を書き込み、女性からの返信を待ちます。

基本的に私はすでに募集されている掲示板に応募することはなく、自分自身から募集をかけます。

どうしても受け身になると、業者らしい女性に遭遇してしまう確率が高くなるためです。
逆に、こちらからの募集に反応してくる相手は一般の方である可能性が高くなります。

投稿するのは夜の8時以降。
丁度食事も終わり自由な時間を過ごしているタイミングです。

やはり忙しく動き回っている時間帯よりも返信が来る確率がグンと上がります。

投稿後、しばらく様子をうかがっていると一人の女性からメッセージが届きました。

「始めたばかりで不慣れですが、掲示の内容に興味あります」

たった一文でしたが、相手の女性が興味を持ってくれたことが分かります。
早速、御礼のメールと相手の希望を確認するメールを送ることにします。

お相手の名前は「ちかちゃん」。
今年の春に大学進学を機に、名古屋にきた女子大生です。

名古屋にきた女子大生

サイト自体はまだ初心者の様ですが、まわりの友人に勧められて始めたようです。

実際、最近の女子大生の多くは出会い系サイトをよく利用しています。
暇つぶしであったり、友人に誘われて等理由は様々ですが、さほど抵抗は内容に感じられます。

その後も、ちかちゃんとやりとりを続けてお互いの距離を詰めることに徹します。

やはり出会い系とはいえども、出会ったその日にすぐにセックスまで持ち込むのはなかなか難しいです。

勿論ユーザーの中には即会い・即セックスを希望する人もいますが、そういったケースはその場限りで終わってしまうことが多い上、会っている時間も淡白な物になってしまう傾向があります。

その為、私はじっくりと相手とやりとりをして、信頼を得てからセックスに移行します。
そちらの方が、より濃厚な時間を過ごすことができるからです。

大人しいと思ってたちかは隠れスケベだった

しばらくサイト内でやりとりをした後、タイミングを見計らいLINEの交換を申し出るとすんなりとOKをいただきました。

最近の若い子の中ではLINEやカカオなどのアプリは重要な連絡ツールとなっている為、必須事項になります。

LINEを交換した後、ちかもすっかり私を信頼してくれたようで、連絡する回数が格段に増えました。

現在は特定の男性がいないようで、彼氏がほしいと思う事もあるようですが、まだ進学したてという事もあって変な束縛は避けたいようです。

しかし年頃の女の子は人肌が恋しいこともあるようで、出会い系を使えばそれらの欲求を解消出来るのではと思っていたようです。

最初は大人しい感じを装っていたちかでしたが、実際のところは性的なものへの関心が強い子だったのです。

それが分かると、やりとりの内容も次第に性に関する話題が多くなってきます。
ちかちゃんは相手にののしられたり、命令されることに興奮を覚えるようで、中でもイマラチオが好きなようです。

しかしこれまでの彼氏にはそんな要求をさらけ出したら嫌われるのではと思い、ずっと隠していたようです。

また大人のおもちゃにも興味があり、一人暮らしに入って自分でもいくつか所有している程のエロい子です。

私がSであると発言すると、ちかちゃんは「どういうプレイが好きなんですか」と興味津々に聞いてきます。

すっかりとエロトークで盛り上がってしまった私たちは、この熱が冷める前にと、会う約束をすることとなりました。

待ち合わせ場所にいたのは今どきの普通の女子大生

エロトークのお陰で一気に二人の距離も縮まり、すぐに会う約束が取れたのはラッキーでした。
ちかちゃんは夏休み中アルバイトが多いようで、バイト終りに会う約束をします。

私は夏も通常通り仕事があったので、嫁と子どもは一足先に実家に帰省。
このタイミングを逃すわけにはいかないと、早速日程を調整します。

待ち合わせは、名古屋駅の近くのファーストフード店。

あまり駅の改札等で待ち合わせするのはこちらの危険性も高いので、自然と出入りが出来るお店に設定することにします。
既婚者としては当然ですね。

待ち合わせは夜の8時。
私は一足先に約束のお店に到着し、ちかちゃんを待つことにします。

これまでのやり取りの中で、顔写真の交換をしていなかった為、どんな子が来るのかかなり心配になっていました。
しかしここまできて引き下がるわけにはいかず、あとは神頼みです。

しばらくするとちかちゃんから「もう少しで到着する」との連絡が入ります。

服装の特徴は事前に聞いていたため、ドキドキしながら入口を見ていると、一人の女性が入店してきます。

少し茶色がかかったミディアムボブの今どきの女の子らしい髪型に、白いふんわりとしたワンピースに茶色のおしゃれなベルトを着け、すこしあか抜けない女性です。

今どきの女子大生

彼女は注文もせずに、誰かを探すように店内を見回しています。
すると私と目があった彼女は、こちらに進んできました。

ちか「〇〇さんですか?」

可愛らしい声で話しかけてきました。
まさかこんなに素朴な女の子が登場すると思っていなかった私は、すぐに返答するのを忘れてしまい、少し遅れてご挨拶をしました。

ちか「待ちました?」
私「いや、ちょっと前に来たばっかりだよ」

ちか「良かったです!なんかすぐに〇〇さんじゃないか思ったんですよ」
私「ホントに?うれしいよ~。ってか俺でも大丈夫?」

ちか「むしろ安心しました!こちらこそ大丈夫ですか?」

そうやって微笑む彼女の顔は結構かわいかったです。
意外と出会い系を使っていると、このような素人感満載な子に普通に会うことができるので、病み付きになってしまいます(笑)

Mなスケベちかちゃんと羞恥プレイ

ちかちゃんと合流後、軽くお店で食事と自己紹介がてらのおしゃべりを少ししてから、移動することに。
当然、この後の予定は決まっているので、すんなりとコトが進みます。

ホテルに向かう道中。

ちか「初めてサイトで会った人とホテルにいくから緊張します(笑)」
などと言うのですでに興奮度はMAXです。

ホテルに入室した後も、ちかちゃんは緊張しているようで、少しモジモジとしています。

あまりここでがっつき過ぎると、マイナスイメージになりかねませんので、じっくりとお話をして距離を縮めていくことにします。

しばらく他愛無い話をしていると、だんだん緊張もほぐれてきたようで、私の近くに座ってきます。

いい感じになったのを見計らい、軽くキスをするとすんなり受け入れてくれるじゃないですか。

ここで自らをエッチと称するちかちゃんを少しいじめてみたくなったので、目の前で服を脱いで全裸になることを要求すると、恥ずかしながらも一枚ずつ服を脱ぎ始めます。

服を脱ぐたびに、顔を赤らめながら俯く姿は最高です。

下着も脱ぐように命令すると、ためらいながらもブラジャー、そしてパンツに手をかけ、生れたままの姿になります。

胸元と秘部を必死に隠そうとする姿は最高でした。

ちかちゃんの身体はまだ若いともあって、肌には張りがあり白く透き通った綺麗な身体です。
胸はそれほど大きくありませんが、綺麗な形をしています。

恥ずかしがるちかちゃんに持参した目隠しをつけて、ベッドへと向かいます。

そのまま仰向けに寝かし、耳元に息を吹きかけると「あっ、んっ……」といい反応。

指先で体をやさしくなでるとビクッっと小刻みに揺らし、息使いも次第に早くなっていきます。
時間をかけ全身を愛撫しつづけ、いい感じになってきたので…

私「自分で股をひらいてごらん」
ちか「えっ…。わかりました。」

するとちかちゃんの秘部にキラリと光るものが。

私「まだ触っても無いのに濡れてるね」
ちか「…恥ずかしいです。」

私「触ってほしい?」

すると少し間をおいてちかちゃんは小さく頷きました。

ご褒美といわんばかりに、そのまま秘部を丹念に愛撫した後、クンニをするとさらに愛液が溢れ出てくるではありませんか。

私「本当にエッチなんだね。いじめられるのスキなの?」
ちか「…ハイ…。」

あまりに従順な様子にこちらも完全にスイッチが入ってしまい。
膨張する息子をちかちゃんの口にねじ込みます。

ちか「んんんっ、ンッっ、んんーーー」

苦しそうな声を上げながらも必死に私の息子を咥えて離そうとはしません。

そのまま、仁王立ちになり彼女の頭を押さえつけ高速ピストンをすると、射精感がこみ上げてきます。

私「口の中に出すよ」
ちか「んふぅ…」

そのまま口の中に大放出です。
しばらく余韻に浸った後、しっかりとお掃除をさせて、一回戦終了です。

目隠しを外した彼女の目は完全にメスの目になっていました。

二回戦セックスもたっぷり楽しみました

さすがに初対面でやりすぎたかと思いフォローを入れました。

ちか「大丈夫ですよ。なんかこんな感じのエッチは初めてだったので気持ちよかった(笑)」

ドMの天使がいました(笑)

ドMの天使女子大生

すでに一回出しているにも関わらずこの一言で息子もすっかり臨戦態勢に入ります。
そのまま今度はやさしくキスをして、彼女を再び押し倒します。

彼女の感じるポイントを探しながら、愛撫していくと乳首をあまがみするとよい反応をします。

私「ここ感じるの?」
ちか「ハイ…噛まれると気持ちいいかも」

すっかり素直な子になりました。
ご希望通り、乳首をあまがみしながら、秘部を愛撫すると体をよじらせながら感じてくれます。

ちか「あっ……ああっ……んっ、ああっ」
私「ぐっちょり濡れてるよ」

ちか「はぁぁ…きもちいいですぅ」
私「どうして欲しい?」

ちか「あっあっ、あっッ…入れて…下さい…」

ではと正常位でズブリと挿入すると一層声が大きくなります。

ちか「あ、あっ……駄目、気持ちいい」
ちか「あっっ、ああッ!」


彼女は絶叫系だったようで、狂ったように喘いでいます。
つぎは座位で、小ぶりなお尻をワシ掴みしながら、息子を突き立て…

ちか「あっんんっ!あっ……駄目、これ気持ちいい」

ガシッと私い抱きつきながら、自らも腰を振りはじめます。
大人しい感じにみえたちかちゃんは、すっかり淫乱女になってしまいました。

その後もバック、後背位を楽しみ、最後はかわいい喘ぎ顔が見える正常位に。
この時点で、彼女の秘部は愛液まみれで突かれ白濁しています。

私「ちかちゃんの中、気持ちよすぎるよ」
ちか「あっ……ああっ…わたしも…キモチいい…」

私「もう限界かも…。」
ちか「…ぅん。いっぱい出してね」

最後はディープキスをしながら彼女の中に果てました。

その後は定期的に会う関係へ

ちかちゃんとの激しいセックスに大満足のまましばらく2人で余韻を楽しみ、その日はバイバイ。

次の日、お礼のメールをしたところ早くも…

ちか「今度はいつ会えますか?」

完全に虜になってくれたようです。
その後も定期的に連絡を取り、会うたびにセックスをする仲になっています。

やはり家庭があるのでアリバイ作りは必要ですが、うまく空いた時間を作ってはセックスしています。

最近はちかのMのレベルが上がってきて、あらたなプレイを模索するのに苦労しそうです。
特にセフレとして付き合っているわけではないけど、しばらくは楽しめそうですね。

名古屋でセフレを探すなら
→名古屋のセフレ掲示板


週間人気ランキング

セフレ出会い体験談