チンポにしゃぶりつく痴女との出会いがヤバかったw PCMAX体験談

チンポにしゃぶりつく痴女との出会いがヤバかったw PCMAX体験談

男は生まれつきマザコン…なんて話もありますが、それも程度の問題。
結婚してからも母親に依存していると、嫁さんに浮気されるかもしれませんよ?(笑)

浮気の理由も色々

話をわかりやすくするために、簡単な自分のプロフィールを載せておくと…

  • 28歳の飲食店店員。夜勤シフト専門のため19時〜翌6時が通常勤務。
  • 独身、彼女無し。生まれも育ちも大阪。
  • 最近は出会い系にハマり、メインターゲットは人妻。

仕事の都合で遊べる時間帯がどうしても午前中〜昼過ぎまで。
普通に勤め人をやっている友人とはなかなか都合が合わず、遊びに行くにも一苦労。

自然と出会い系のアプリを使うようになり、平日の昼間が休みの人を探すようになりました。

最初は、普通の遊び仲間や彼女候補を探していましたが、PCMAXを使うようになってからは大人の遊びが中心に(笑)
平日の午前中〜昼過ぎに会える大人の遊び相手で、面倒な話にならない人…となったら、

不倫目的の人妻との出会いがメインになってしまいます(笑)

実際に会った人たちの不倫に興味を持った動機は
「旦那が構ってくれない」
「金銭的に苦しいのでお小遣い稼ぎに」
「体験談を読んで興味をもったので…」

というのが定番でしたが、一番強烈だったのが今回の、

「夫と姑がムカつくので腹いせに」

という八つ当たり的な動機でした。

姑にブチ切れて出会い系に登録

仕事の空き時間にPCMAXを眺めていると「土曜日の午前中に会える方募集」という投稿を発見。

プロフィールを見ると30代前半の人妻。
スリーサイズも悪くありません。

善は急げ…と思い早速メッセージを送信。
午前中ならいつでも都合がつけられるので、こちらとしても好都合です。

明け方に仕事を終わらせてスマホをチェックすると新着メッセージのお知らせ。
先ほどの30代の人妻から「是非、会いたいです」と返信がありました。

ちょっと年下なのでダメ元だと思ってましたが、逆に年下との経験が無いため興味を持ってくれた様子。
早速LINEを交換して、相手のことを詳しく聞き出します。

わかったことは

  • 年齢は32歳。結婚5年目。子供は2人(両方女の子)
  • 旦那さんの両親と同居の3世帯家族。旦那さんがマザコンで姑にべったり。
  • 週3〜4回ほど、スーパーの店員として働いている。

結婚前までは「親孝行で良い人だな」という印象だったけど、子供が生まれてからマザコン気質が発覚。
最近は特にその傾向が酷くなり喧嘩の原因に。

子供の教育で意見が合わないと、すぐに姑に相談 → 勝手に決定して、嫁の意見など聞く耳を持たず。

嫁姑で意見が合わず険悪になるのは仕方ないとしても、自分の旦那が全く味方をしてくれないので、自宅なのに自分の居場所がない気がしてくる…と。

PCMAXの人妻の恨み節が爆発!

畳み掛けるように姑から「そろそろ男の子を産んでくれないと…」とプレッシャーをかけられた事にブチ切れて、

「外の子種で作った孫をプレゼントしてやろう」

と、恐ろしいことを考えたのが、出会い系に登録したきっかけだそうです…(汗)

共犯者になる気はないので、ちゃんと避妊はする旨を伝えると「それでも良いから会いましょう」と積極的なお誘い。

さすがに外の子種で…の件は最初の動機であって、とりあえず気分転換にイケナイ遊びをしてスッキリしたいようでした(笑)

欲求不満の人妻は最高のセフレ

待ち合わせは、朝の8時にOCAT(オーキャット/JR難波駅ビル)にあるマクドで。
いつもは仕事が6時に終わるので、シャワーを浴びる時間ぐらいはありそうです。

さすがに汗臭い&脂臭い身体で人に会うのは気がひけるし、店の都合でニンニクを扱うことが多いので、最低限の身だしなみは整えておきたいところです。

この日は運良く5時前に仕事終了。
さっさと片付けを済まして御堂筋線のあびこ駅から難波へ向かいます。

15分ほどでなんば駅に着くので、漫画喫茶に寄ってシャワーを済ませて後は時間まで仮眠します。

約束の5分前にマクドに到着。
到着した事をメールで送り朝食を兼ねてメガマフィンを食べながら待っていると、後ろから

「おはようさん。○○さんですか?朝からよ〜食べますね(笑)」

「…もぐ、食べながらでスンマセン。○○です」

急に声をかけられてむせてしまいました(笑)

実際に会って見ると、おっとりした口調と小柄な見た目。
とても外の子種で…と恐ろしい事を考えている人には見えません。

しかし、食べてる途中なのにも関わらず、

「じゃ、行きましょう。時間もないんで…」

と、足早にホテル街に向かい「バリモダン」へ。
部屋に入ると、すでに興奮を抑え切れていない様子が伝わってきました。

自分も仕事明けの疲れマラ…ってやつのせいか、いつも以上にギンギン勃ち。
彼女の視線も股間に釘付けになり、物欲しそうな目でこちらを見て居ます。

ズボンの上から触らせると、とても嬉しそうな顔をしました。

「最近、夫と喧嘩ばかりで、夜の方はご無沙汰で…」

と、かなり欲求不満だったようです。

確かに、姑や家族の問題でストレスも溜まっているのでしょうけど、やっぱり女盛りの30代に性生活が無いのは大きな問題でしょう。

欲求不満の人妻は、セックスも本気だし(条件付き割り切りみたいな淡々としたものではない)家庭を壊す気は全く無いので秘密は守ってくれます。

つまり、遊び相手としてはこれ以上に無い好条件だと言えます。

シャワーは先に済ませてあるので、早速ベッドに押し倒し服を脱がせます。
ズボンを降ろすと待ってました!とばかりに、いきなりチンポにしゃぶりついてきました。

「そんなにがっつくなって…」

静止しても、聞く耳を持たず一心不乱に咥えこんで来ます。
マクドで会った時のおっとりした人妻も、ベッドの上では痴女そのものに変わって居ました。

ラブホに着くと痴女になる人妻

徐々に手が胸や背中を撫でるように触り出し、まるで久々の男性の感触を楽しんでいるようです。

気持ち良くしてもらいっぱなしでは申し訳ないので、シックスナインの姿勢へ。
オメコはすでに洪水状態で、ポタポタと垂れてくるほど。

敏感なところを舐めると身体をピクピクさせながら反らせますが、咥えているものは離そうとしません。
そうこうしているうちに我慢の限界に達し、口の中にそのまま出してしまいました。

やっとフェラを止めた痴女は、嬉しそうですが物足りなそうな表情もしています。
もちろん、自分もここで終わらせる気はないのでゴムを着けて正常位で挿入。

子供を二人も産んでいる割には妊娠線もなく綺麗な身体をしていて、腰のくびれ具合もエロくて最高です。
腰の動きに併せてすすり泣くように出す喘ぎ声もたまりません。

こんなに良い人と結婚しておいて、母親を優先するなんてアホな旦那やな…と考えながら、さらに攻め立てると、痴女も絶頂に達したようで普段は出せない大きな声を出していました。

久々のセックスに満足した後の様子

漁夫の利…的な感じでセフレゲット?(笑)

この日をきっかけに、月に2~3回のペースで会うセフレに。

ストレスも上手く解消できているようで、姑との関係も前より良くなって来たそうです。
…というより、小言や嫌味を気にしなくなった…という方が正解のようですが(笑)

旦那さんのマザコンっぷりも相変わらずらしく。
変化が無いうちは出会い系遊びを辞める気はないようなので、しばらくこの関係は楽しめそうです。

最近になって彼女の勤め先と自分のアパートが2駅程度の距離だった事がわかり、仕事帰りに売れ残りのお惣菜を差し入れしてくれるようになりました(ちょうど、自分が起きる時間)

セフレになったPCMAXの人妻は世話女房的に…

もちろん、そのまま寝起きのセックスを楽しませて貰ってますが、時々「ホントに中で出してもいいよ…」と言ってくるので、さすがにそれだけはお断りさせて貰ってます(笑)

セフレとしては最高ですが、実際に自分の妻になる人がこの人だったら…と思うと、

極度のマザコンは本人達には百害あって一利無しですね(切実)

週間人気ランキング

セフレ出会い体験談