詐欺写メでデブスだったっていう最悪パターンw出会い系で失敗した体験談

詐欺写メでデブスだったっていう最悪パターンw出会い系で失敗した体験談

こんにちは、ナカムラです。

PCMAXで遊んでいると一回り下の女の子やセレブな人妻とセフレになれる…って事もありますが、時にはグダグダな失敗パターンってヤツもあります。
(グダグダになるのは自分にも責任があるんですけどw)

先日、割り切りで会った子とも、いわゆる失敗談。
それでもちょっと面白い体験が出来て、ネタを拾えてラッキー…って事にしておいてますが。

年に1回ぐらいなら、こんな体験もありかもしれません(笑)

プロフ詐称の女の子は一定数いる…と割り切るw

付き合っている(?)セフレとタイミングが合わず、暇を持て余していた休みの日。
できない…と思うと余計にムラムラしてきちゃいました。

今更デリヘルを呼んでも面白くないし、たまには割り切りでワンナイト…ってのもいいかな?と思い、PCMAXを開き「スグに会いたい」の掲示板に投稿をします。

すると、5分も経たないうちに足跡の通知が点灯。
その5分後には「割り切りでよければ…」とメッセージが届きました。

PCMAXで手頃な女の子を見つけたが…

援デリっぽいな…違ったとしてもセミプロ系かな?

などと思いつつも遊びたい気持ちが勝ってしまい、「詳しい事は会ってから決めてもええならOK」と送ると、それでも構わない…という返事でした。

ちなみにプロフィールは

  • 24歳 独身
  •  
  • 仕事はフリーターで割と時間がある
  • 3サイズ的には普通〜ややぽちゃぐらい。

メッセージには「バイトが減らされて生活がちょっと苦しいので…。」という、ありふれたフレーズ。
写メも付いていましたが割と普通な感じ。

条件は会ってから決めて良い…と言う事なので、援デリの可能性は低そうです。

PCMAXだと珍しくない条件ありだけど本物ぽくもあり

あまり期待はしないほうが良い様子でしたが、話の流れでは定期に持っていく事もできそうだし、性格が良い子だったらそれもアリでしょう。

もしかしたら美味しい出会いになるかも?とワンチャンスに賭けて待ち合わせ場所の約束をしました。

難波で待ち合わせの約束にすぐ進んだのでオイシイ思いできるかも?

出会い系は実際に待ち合わせるまでどうなるかわかりません(切実)

待ち合わせ場所は地下鉄駅の改札前にあるカフェ。
コーヒーを飲みながら時間を潰していると、スマホにメッセージ受信のお知らせがきました。

どうやら店に着いているようなので、座っている場所と目印になるものを教えてしばらく待つことにします。
すると2〜3分もしないうちに…

「あ、あの、ナカムラさんですか?」

「そーやけど…。もしかして、○○ちゃん?」

「はい、よろしくお願いします。」

「…とりあえず、ここカフェやからなんか飲み物買ってきてからにしよか…」

う〜ん…外した!このまま逃げようかな!?(苦笑)

カフェで待ち合わせして何も飲み食いしない…というのは同じ飲食業従事者として出来ないので、彼女の分のコーヒーを購入。
頭の中では角を立てずに断るセリフを必死に考えていました。

ちなみに外した…と思った理由は

  • プロフィールでは24歳 → 見た目年齢、明らかに30歳以上。
  • 体型は普通〜ややぽちゃ → ややぽちゃ〜激ぽちゃが正解。
  • センスの無いファッション。無駄にフリルの付いたピンクのワンピースって…ちょいゴス?(汗)

顔の見た目に関しては失礼なので割愛しますが、一言で言えばデブス系。
写メは一番写りが良いやつだったのでしょう。

よくこれで条件付けてるな…と思ったのが正直な印象でした。

「あんな…、本気でメッセージの条件で会う気なん?」

「私じゃだめですか?他の人は喜んでくれているんですけど…。」

「ごめんやけど、タイプと違ったみたいやし、コーヒー代ぐらいは出しておくわ。」

「…でも、せっかくここまで来たし、ちょっとぐらいなら条件考えてもいいですよ?」

「いや…、そうじゃなくて…。」

「…あの、大きな声じゃ言えないんですけど、ちょっと困っていて…。助けると思ってお願いします。」

この後、興味本位と暇つぶし…と思って世間話を聞いていると割と本気で困っていたことがわかり、半分泣き落としに近い感じになりました。

ちょっと可哀想になってしまった感もあり、さらに当初に比べて大幅な条件の変更があったので「風俗行って外したと思えば安いもんか…」と思いラブホに行くことに…。

最終的な決め手は態度だけは悪くなかった事ですかね。
これでデカイ態度を取られていたら本気で帰っていました(笑)

AV女優を妄想しながらのセックスはオナニーのようなもの

ホテルは彼女が普段から使っている所に案内されました。
どうやら普段から条件付きで遊んでいる…というのは(信じられませんでしたが)嘘ではないようです。

部屋に入ると「背中…流しましょうか?」と一緒にお風呂のお誘い。
備品がどこに置いてあるかもわかっていてスムーズです。

やっぱりそっち系だったか…と思いつつも、せっかくだし普通にエッチだけしても面白くないからお願いする事にしました。

「ナカムラさんって、結構良い体してはるんですね」

「おおきに。○○ちゃんも肌は綺麗やね…(腹はボテボテだけど)」

「ありがとうございます。なんだか照れちゃいますね(笑)」

「(照れるなボケ。皮肉じゃ!)…心の声…」

「じゃあ、せっかく一緒にお風呂に入っているので…」

そのまま膝まづいてフェラをしてくれますが、残念な事にテクもイマイチ。
サービス精神があるだけまだマシでしたが、ホンマにデリヘル嬢呼んで外したのと大差がありません。

盛り上がりに欠けたので、さっさと終わらせて帰ろう…と思いベッドへ。
前戯もそこそこに、半勃ちのチンコにコンドームを被せてどうにか挿入。

なんとかセックスのレベルのデブスに萎え萎え

わざとらしい喘ぎ声に苦笑いを我慢しながら、脳内では「明日香キララ」のAVを脳内再生させて、どうにか発射。

オナニーのような、リアルなダッチワイフで遊んでいるような…。

そんな不思議な感覚でした(苦笑)

割り切りとはいえ無理矢理なセックスはやはり苦痛

普段は気にしなかったラブホの特典

普段なら2~3回はイケるんですが、この日はさすがに1回で終了。
気分転換してスッキリ…とはいかず、疲労感が残る感じでした。

「よかったらまた会って貰えませんか?」と言われましたが、気乗りしなかったので、

「ほんじゃ、また遊びたいと思ったらPCMAXでメールするわ」

と直アドの交換はやんわり拒否。

いつも女の子にやられている事を逆にやってる感じですね(笑)

部屋を出る時に部屋の会計を済ませると同時に彼女に約束の条件を渡します。
正直、金龍でラーメン食ってたほうがマシだったかな…?と思うほど。

それでもやることはやったし、断らなかったのは自分だしな…と言い聞かせていると…。

「やった!ポイント溜まった〜♪」

と、会計機の横ではしゃいでいます。
そう言えば、現金を入れる前に何かポイントカードのようなものを出していたような…。

「それ、なんなん?」

「このホテル、ポイントが溜まると景品貰えるんですよ。」

「ちゃっかりしてるなぁ…。で、何が貰える分溜まったん?(どーせ大したもんじゃないやろ…)」

「え〜っとですね〜…(以下、ブランド物の名前や高級旅館の食事招待券等)」

「はぁ!?マジで!?」

今時のラブホってポイント貯めると結構良いもの貰えるんですね。
さすがに「俺にも権利あるからよこせ!」とは言えませんでしたが…。

それにしても、条件付きで遊びながら貯めるものはしっかり貯めてるのって…。

大阪のおばちゃん気質そのまんま…やっぱり年齢詐称してるやろ!

余談ですが、副賞でこのラブホの宿泊50%オフ券も貰えて、それは自分が頂いて良い事になったので、ありがたく頂戴しておきました。
これはまた別のセフレと遊ぶ時に使う事にして…

これを機会に自分もポイントカード作ろうと思っちゃいました(笑)
失敗の中にも新たな発見はありますね。

デブスとのセックスでも新たな発見のある(?)サイト→PCMAX

 

週間人気ランキング

セフレ出会い体験談