セックスレスの人妻とセフレになれた体験談

セックスレス人妻とセフレ

気がつけば、40歳に手が届く年齢になってしまいましたが…
まだまだ下半身はやる気十分。

相変わらず出会い系で好みの女性を見つけては、セフレにしていく日々を過ごしています。

こんな発言をしていると「セフレが多くていいですね」なんて声が聞こえてきそうですが、増え続けているわけではありません。

むしろ減っていく傾向です…
大抵は、いつのまにか自然消滅していくパターンが多いです。

まあ割り切った大人の関係から徐々に恋愛感情の兆しが見え始めると、意図的にこちらから距離を置く事もありますが。

だってさすがにそれはめんどくさいですw
完全に体だけの関係を求めるのが一番ですしね。

Jメールで見つけた、セックスレスの人妻

そんなわけで、今回も新たなセフレさんを探すために出会い系サイトを巡回。

いつも通り、使い慣れたJメールで良さそうな女性はいないか探していきます。

Jメールは他の出会い系と比較しても、若い子より少し落ち着いた世代の方が多い傾向にあります。

もちろん、セフレ化に安定の人妻さん狙いです。
掲示板に出会い募集の書き込みをして、あとは待つのみ。

しばらくしてから確認すると、数件のメールが届いていましたが…
プロフ情報を見るかぎり、あまりお近づきしたくなさそうな感じでしたので今回はスルー。

その後も募集をかけてみますが、なかなかいい反応はありません。

毎度うまいこと話が進むわけではありませんので致し方がないですね。

でもあまりゆっくりしていても下半身が暴発してしまうので、今回はこちらから気になる女性に片っ端からメールを送る、絨毯爆撃作戦を実行します。

とりあえず10人ほどの気になる相手にテンプレメールを送信。
反応を待つと、しばらくして1件の返信が。
10件送って1件だけ…まぁ返信があっただけいいでしょう。

連絡をくれたのは30代の人妻「まりか」さん。

出会い系には登録してますが、自分から募集をかけない「誘い待ち系」のユーザーです。

とりあえずサイト内でやりとりを重ね、少し慣れてきたところでLINEを交換。
まずは第一段階クリアです。

お互い既婚者である為、双方のプライベートには深く関与しないという共通認識もあってか、セックスの達成は早そうな手ごたえ。

彼女曰く、子どもを出産してからあまり旦那がかまってくれなくなってしまったようで…

世間でよくある、セックスレスに悩まされている主婦ですね。

人妻とやり取り

待ち合わせは駐車場。擬似不倫体験にドキドキ

彼女と知り合ってからすでに1ヶ月が過ぎようとしていますが、まだ会えてはいません。

簡単なタイプの人妻さんと思いましたが、彼女自身いわゆる「割り切り」希望で、タダマン狙いの男性は探してはいない様子。

ここは親睦を深めてから会った方が、即セフレ化できる可能性があると判断。
あえてゆっくりやりとりを進める作戦を取ります。

とはいえ…実際に会うのであれば、どんな顔をしているかは知りたいところ。

手間だけかけてブサイクなのは最悪です。
とりあえずこちらから先に写メを送ることを条件にOKをもらい、ワクワクしながら彼女の写真を待ちます。

セックスレス人妻の画像


送られてきた写メに映った彼女は、イメージしていたよりも幼く見えます。

もともと童顔なのか、30代半ばで2人の子持ちにはみえません。
どちらかというと見た目は若い感じの子が好きなので、当たりですなw

見た目の確認もとれたことで、ようやく本腰を入れて口説き落としにかかります。

とりあえず一度会わないかとストレートに誘ってみると、あっさりOK。
おそらく彼女も待っていたのでしょうね。

待ち合わせは平日の昼間に決定。
場所は、郊外にある大型ショッピングモールの駐車場です。

仕事を調整して、待ち合わせ時間10分前に駐車場に入庫します。

しばらくすると彼女からLINEがあったので、具体的な場所と車種とナンバーを伝えて到着を待つと…

一台の軽自動車が少しはなれた場所に駐車し、一人の女性が降りてきます。

おそらく彼女でしょう。
しきりに前髪を直しながら、照れくさそうにこちらを見つけて歩いてきました。

小奇麗な奥様風な服装から、今日への意気込みが感じられます。
フロントガラス越しに軽く会釈をすると、彼女はスッと助手席に座りました。

お互い第三者に気づかれないように無言で落ち合い、静かに駐車場を後にするこの感じ。
毎度のことですが、まるで不倫をしているような感覚でドキドキです。

駐車場を出てから、ようやくご挨拶。
お互い緊張の糸が緩んだのか、笑ってしまいました。

彼女も初めての経験だったようで、かしこまってしまったようです。

合流してからどこに行くかはまだ決めていません。

でも彼女もその辺を理解した上で来てくれているようなので、ストレートに「ホテル行きます?」と聞くと、恥ずかしそうに頷いてくれました。

人妻とホテルで即ハメセックス!

彼女は久しぶりのラブホテルのようで、室内を嬉々として物色してはまるで子供のように驚いたり喜んだりしています。

そんな様子を見ていると無性にムラムラしてきたので、即ハメすることにw

枕元の照明パネルをいじっている彼女の後ろから抱きつき、そのまま唇を奪って強制スタート。

最初は「ん、ん、ダメ…シャワーに」なんて抵抗していましたが、服の上から愛撫を始めると完全にやる気モードに切り替わります。

衣服を強引に剥ぎ取ると、しっかり準備してきたのか高級そうな赤い下着を着用しています。

激しいDKをしながらブラのホックをはずすと「だらしない身体なんで、あまりいないで下さい…」と少し涙目になりながら訴えてきます。

確かに、胸は少し下がり気味でおなかもたるみがちですが、私としてはこちらの方が興奮するので何の問題もありません。

「むしろ素敵だよ」と告げて丹念に各所を愛撫していくと、一層声が大きくなり体全身で快感を味わっているように悶えます。

自信の無さそうな事を言う人妻は、褒めるに限りますね。

綺麗に手入れされたアンダーヘアーの隙間からは、溢れんばかりの愛液がにじみ出ています…

経産婦なので多少の緩さは感じますが、逆に感度が良くなっている様子。
触るポイントを変えるたびにビクンと反応します。

私も衣服を脱ぎ下半身をあらわにすると、彼女はおあずけを命じられていた犬のように一心不乱に息子を咥えはじめます。

セックスレス人妻とセックス

セックスレスの人妻の性欲は底なし!立て続けに3回戦

もう三年もセックスレスだったようで、久しぶりの人肌に性欲が爆発してしまったようで…
搾り取るかのように激しいフェラでこちらを攻めてきます。

私も彼女の動きに合わせて腰を振り、頭をぐっと抑え込んでのど奥まで咥えさせると、息子全体に心地の良い圧力がかかり、あやうく逝ってしまいそうになります。

涙目になりながらむせる彼女でしたが、一切拒むこともなく私の強制イマラチオに応じてくれます。

おそらくこの人はドMなんでしょう。
激しくするほど恍惚した表情を浮かべ、もう一度と目で訴えてきます。

S気質の私にとってはその顔がすごくエロく感じ、彼女を犯したい衝動にかられたので…

そのまま彼女を押し倒し、すっかり準備万端となった秘部に生挿入を実行します。

「あっゴムは、ダ、ダメですよ」

最初は拒んでいたものの、身体は拒否していない様子。
ゆっくりと抜き差しを繰り返すと「き、気持ちいいですぅ」と甘ったるい声に変わっていきます。

久しぶりの男根を受け入れる秘部は動かすたびにビチャビチャと愛液を溢れさせ、溜まり溜まったものを吐き出すように、いやらしく受け入れてくれます。

人妻の柔らかくエロい膣内は息子をこすり付ける度に、ククッと締め付けてくるので、すぐに射精感が高まってきます。

座位に移行し小休止も束の間、彼女の方から激しく腰を振ってくるので危うく暴発してしまいそうでした。

セックスレス人妻の性欲爆発


長期戦は無理と判断し、とりあえず一発出しておこうと正上位から激しくピストンし彼女のお腹に大放出です。

暴発は免れたと安心していると、いきなり彼女がまだ敏感な息子をパクリと咥え、搾り取るようにフェラをはじめます。

「連続はちょっと…」と断ったのですが、息子を手放してはくれず強制的に2回戦へと…

淫乱人妻セフレをゲット

結局、そのまま彼女に主導権を取られ、あっけなく搾り取られ。

シャワータイムを挟み3回戦まで持ち込まれて、文字通り性も根も尽き果ててしまいました。

彼女とは未だに定期的に連絡を取り、会う度にセックスを楽しんでいるのですが、如何せん性欲が強すぎる彼女。

毎回複数回を求められるので、さすがに身体が持たなくなってきた今日この頃です。

 
セフレ募集する
 

週間人気ランキング

セフレ出会い体験談