中出しエッチしたいならシングルマザーが狙い目!シンママの性欲は底なしで最高だ

中出しでない美人とできる普通の娘、どちらを選びますか?そして…中出ししたいならシンママが狙い目!

 
私は出会い系サイトを通じ、3桁以上の女性に出会ってきました。
出会い系サイトを通じ「中出しOK」なセフレもいました。

なんで中出しOKか聞いてみると、だいたいこんな感じ。

「男が中でイクとチンコがビクビクするでしょ?その瞬間がヤバイんだよね」
「男が私の中でイク時の表情とか見るのが最高!こっちも興奮する」
「子供が出来ちゃうかもしれないっていうスリル?がたまんない。
本当にできたら怖いから安全日限定だけど」

 
こう答える女性のほとんどが「人妻」もしくは「シンママ」でした。

特にシングルマザー、通称「シンママ」に限って言えば「ラストは中出ししてほしい」という女性かなり多いです。

シンママは皆が思う以上に、ストレスを溜めていますからね。

  • 家事も育児も一人でこなさなければならない
  • 仕事が順調でも、子供がいるためセーブせざるをえない
  • 金銭的な負担を抱えている
  • プライベートな時間なんてなし

ストレスをため込んでいるシングルマザーほど、セックスの時激しくなるもの。

さらにほぼ全てのシングルマザーは「中出し」された経験があります。
なんたって子どもがいますからね。

中出しの悦びと快感を知るシンママのストレスが爆発すると、それはもう男性が引くくらい。

今からお話しするのは、私が21歳の頃に中出しOkのシングルマザーのセフレができた体験談です。
 

中出し専用シンママ肉便器との出会い

出会い系サイトを通じ知り合った女性は36歳。
まだ20代前半だった私にとって、30代はおばさん。

はっきり言って、守備範囲外。

しかし、この日は違いました。

私は朝起きたらまず出会い系サイトを開き、メッセージ等の確認をします。

この日も朝一で「PCMAX」をオープン。

その日は1通のメッセージが届いてました。

こんばんは。

 
以上。
それだけ。

相手はおばさんだし、つまんないメッセージだし、返信するだけポイントの無駄。

そう思いましたが、一応こんな感じのクズメールを返信。

PCMAXのメッセ

 
すると返信がきました。

ごめんなさい、写メを見たら好みだったので。
気分を悪くさせてしまったらすみません。

 
「好み」と言われたらさすがに悪い気はしないので、一応返信しました。

しかし「36歳」は守備範囲外。
別に嫌われてもいいや…位の気持ちで、セクハラメールを送ります。

謝らなくてもいいよ?エッチさえさせてくれれば

 
すると即返信がありました。

エッチしたいです。

 
都合よすぎ、怪しい…。

そう思いながらも、上から目線でのセクハラメールは興奮するのでやりとりを続けます。

PCMAXのメッセ

 
待ち受け画像を見るとそこには、顔もブサイクではないですが美人でもない女性が。

可もなく不可もなく。
はっきり言って好みではないので、エロい返信のみします。

LINEのメッセ

 

(やばっ、ムッチリボディに爆乳は神じゃん!)

私は爆乳大好きなので、アリですね。
 

「へー顔だけじゃなく身体もエロいんだ。犯してほしいの?」
「犯してほしいです」
「旦那も子供いるのに最低な母親だね」
「はい…でも旦那はいないです」
「離婚したの?」
「はい」
「そうなんだ、なら今は欲求不満のメス豚なんだ」
「はい…」
「俺、中出ししかしないよ」
「大丈夫です」

 
なんと相手はシングルマザー。
中出しされることに迷いがないのか、即返信がきました。

そこからはシングルマザー相手に、ひたすらセクハラトーク。

LINEのメッセ

 
数分後、なんと本当に送られてきました。

言われた通り、マンコを広げている画像が…

LINEのメッセ

 

爆乳シンママとまずは車内で中出しセックス

数日後、当時私は車を持っていなかったので、彼女に車で迎えに来てもらうことに。

少し早めに着き、待ち合わせ場所で待っていると時間通りに彼女が。

期待通りの爆乳にテンションアップ!

そのままホテルへ。
向かうホテルはけっこう山の方にあり、周辺は何もありません。
 

「ホテルまで待てないんじゃない?」
「はい…」
「下、脱いで」
「え?」

 
ホテルの近くの路肩に駐車させます。
 

「ホテルまで待てないんでしょ?まずここで一回中出ししてやるから」
「…わかりました」

 
脱いだのを確認すると、後部座席へ移動。
私はチャックからアソコだけ出し、お互い下半身のみ裸。

フェラも前戯もなく、バックで即挿入。
おっぱいパブのサービスタイムの体勢。

彼女が上下左右に腰を振るたび、爆乳が顔にあたります。

彼女はひたすら腰をふります。
 

「イきそうだけどどうする?」
「中に出して」
「お願いしますは?」
「中にお願いします!」

 

その言葉と同時に、彼女の中へ。

そして私が中出しした瞬間、彼女も身体をヒクつかせ、イったようでした。

フェラテク抜群のシングルマザーと中出し6発!当時の最高記録

黒いランジェリー姿のシンママ

 
その後ホテルへ。

ホテルに着くと、彼女の方から、

「シャワーはいいからもうしたい…」

私はさっきイったばかりだったので少し冷めていましたが、この言葉を聞き復活!

「なら自分で大きくして」
黒いランジェリー姿のシンママ

 
彼女はひざまずき咥えだします。

フェラチオするシンママ

 
大きくなったのを確認すると口をはなし、

「挿れて…」

ベッドへ移動し、また上に乗せました。

突き上げるたびに彼女の胸は激しく上下乱舞します。

おっぱい聖人な私の興奮はとまりません。

またそのままシンママのマンコの中出しで発射。

私がイった瞬間彼女がまたビクビクと…イったようです。

中出しされるシンママ

 
マンコから抜くと、彼女の方から丹念にお掃除フェラ。

(このビッチ、フェラテクヤバイじゃん)

そう感じていると、今度はそのまま口へイキそうに…

私がイキそうになったのがわかると、彼女はフェラをやめ、また私の上に乗ってきました。

3分も持たずまた中へ。
この女、腰使いもヤバい。

中出しするたびに彼女は身体をガクガクいわせ、悶えます。

1時間しないうちに3発。

突くたびに揺れる爆乳と、中出しという最高のゴールが何度でも私をよみがえらせます!

セックスするシンママ

  

会うたびに中出しできる風俗嬢シンママをセフレ化

中出しされるシンママ

 
少し落ち着いて話をしてみると。

「中出しされると、マンコの奥、子宮まで犯されているようでそれがたまらなく興奮するし感じる。
家事とか育児のストレスも一気に吹っ飛ぶ。
言葉では言い表しづらいけど本当に精子が流れ込んでくるのも感じる」

 
…とにかく中出しが好きだってことは伝わってきました。

なんとなく予想した通り、彼女は風俗嬢でした。
子どもは小学生で、風俗の仕事は夜のみ。

なので昼間はほぼフリー。

呼び出せば、いつでも都合をつけて中出しされに来てくれる関係が2年以上続きました。

赤いランジェリーのシンママ

 
もちろん会うたびに中出し。
ホテルでも外でも車でも、私が望めばどこでも。
 

中出しできない美人より、中出しできるブスがいい

バイブでオナニーするシンママ
初めて会った時に一緒に買った思い出のバイブ

 
よくエロマンガなどで、こんなセリフが出てきますよね。
 

「アツいのがくるぅぅ!中でビクビクしてる…」
「精子マンコに出されてるぅ!」
「中出しいぃぃ!もっと出して!もっと注いでぇぇ!」

 
実際には言いませんが、女性は中出しされたときに、このような感情や快感を覚えていることが多いです。

特にシングルマザーほど、中出しの気持ち良さを知っていますから。

PCMAXには本当にお世話になってます。

中出しできない美人より、中出しできるおばさんがいい場合もありますねw


週間人気ランキング

セフレ出会い体験談