職場フェラは禁断のエロス!一度ハマると抜け出せない中毒性に注意

職場でのフェラは禁断のエロス!一度知ってしまうと…

 
フェラチオっていいですよね。

挿入より、フェラの方が好きな男性も多いのではないでしょうか。

私も仕事中にムラムラすると、休憩中に某デリヘル店の手と口でしてもらえるコースでフェラ抜きしてもらってますw

出会い系の「プチ割り切り(フェラのみ)」もよく使っています。

仕事中に隠れてフェラしてもらう…。
この背徳感満点のシチュエーションは、気持ち良さをより倍増させてくれますね。

「見つかるかもしれない」リスクに加え、「職場」という最高のスリルがブレンドされるのが職場フェラの魅力!

さらに職場でのフェラは男だけでなく、女の子も興奮します。

事実、私はいくつかの職場で女性にフェラをしてもらいましたが、股間に触れると相手の女性はみんな濡れていました。

それもかなりぐっしょりと…

今回は私が実際に体験した、職場でフェラさせた体験談を2つご紹介します。

建築会社で事務員さんとの職場フェラ体験談

当時私は建築会社で現場監督の見習いとして働いていました。

社員は事務の女性を除いて現場に行っており、会社に戻るのは夕方以降。

見習いの私は現場半分、会社で勉強半分といった感じで勤務。
勉強をしている間は、社内は私と事務員さんだけでした。

事務員は2人。

1人は40代のベテラン熟女。
もう1人は入社1年目のショートカットの似合う、初々しさ抜群の19歳!

職場で19歳の娘にフェラ…
想像しただけで勃ってきませんか?

しかし!
してもらってたのは19歳の娘ではなく、40代のおばちゃんのほうw

でもこの熟女、45歳でしたが見た目はそれなりに綺麗で、セクシー女優の「村上涼子」みたいな感じでした。

セクシー女優の村上涼子さんセクシー女優の村上涼子さん

このおばさんは独身。
入社当初から私の事をずいぶん気に入ってくれてるようでした。

「仕事終わったら飲みに行かない?」
「おいしいとこあるんだけどランチ行かない?」

けっこうな頻度でお誘いが。

断り切れず何度かご一緒させて頂いてましたが、徐々に態度が露骨に…

会社で資格試験の勉強をしていると、胸を背中に押し当て、

「ここはこうするんだよ」

と、教えてくれるのはありがたいのですが…
なんとも…。

また違う日、パソコンに向かって設計図面を書いていると、私の顔にぴったりと自分の顔を押しつけ、

「頑張ってるね、ちょっと確認するから」

そう言い、マウスを私の手ごと操作したりしました。

ついには、こんなことまで言う始末。

「一人暮らし大変でしょ?
ご飯作ってあげるから来ない?泊ってもいいよ」

私が社内にいると19歳の娘を入金などに行かせ、2人きりになろうとしてきます。

ある日、おばさんは胸を押し当てて、どうでもいいことを話しかけてきました。

「迷惑だからやめてもらえませんか!」

私はそんなことは言えず、

「そんなに胸を当てられたら勃ってしまいますよ」

思わずそう言ってしまいました。

「えー何言ってんの?」

そう言いつつも、おばさんは嬉しそう。
こうなるともう止められません。
 

「勃っちゃったんですけど責任とってくれますよね?」
「責任ってどうやって?」
「その自慢のおっぱいと口があるじゃないですか?」
「今ここで?」
「ちゃんと気持ちよくできたら今度泊りに行ってあげますよ」
「本当に?」

 

私は作業着のチャックを開けアソコをおばちゃんの目の前に。

「わかりますよね?」

そう言うとおばさん熟女は、丁寧に舐め始めました。

先っぽ、裏筋、横側、玉の部分、そして咥えこみ徐々に激しく。
かなりのテクニシャンでした。

そのまま口内発射。
飲み込んでくれました。

正直、気持ちよかったです。

よかった事を伝えると、「良かった」とおばさんも満足そう。

約束通り、泊りに行きました。
もちろんセックスもしましたよ。

その日以降、私がムラムラするといつでもどこでもしゃぶってくれるように。

社長室でしたことも。

この関係は、私が退社するまで続きました。

ただ、会社でしてもらうのは良かったのですが…。
外で会うとどうしても「ちょっときれいなおばさん」程度にしか思えず…。

退社後は即LINEをブロックして、会うことはありませんでした。

道路巡回中にフェラさせたら、すぐ職場にバレた体験談

建設会社を退社後、私は決められた県道(県が管理する道路の事)に、交通の妨げになるような異常がないかを見回りする仕事に着きました。

この見回りですが、2人一組で車に乗り、道路を巡回をします。

パトロールをする作業員は私を含め4人、シフトを組んで見回りをします。
この4人のうち1人が女性でした。

その女性と私は同い年。
すぐに意気投合、巡回中も話が弾みます。

毎日5時間は車の中で2人きり。
残業もほとんどない仕事で、退社時間も全く一緒。

休憩時間は2人で昼食をとり、残業がないので2人揃って退社。
退社後はよく一緒に飲みに行ってました。

こうなると、親密になるのに時間はかかりませんでした。
彼女と職場で知り合って2か月後には、彼氏彼女の関係に。

私が一人暮らしだったので彼女はよく泊まりに来るようになりました。
半同棲状態です。

そんな関係が続いたある日、前職(建築会社)の社員証が部屋にありました。
退社時に返却し忘れていたのです。

社員証を見つけると、

「そういえば会社でフェラしてもらったのは興奮したなぁ」

そうやって熟女のことを思い出しました。

そして、よからぬことを考えるように。

一度頭をよぎってしまうと、フェラしてほしくてたまらなくなってしまいます。

次の彼女とパトロール中、試しに言ってみました。
 

「ちょっと口でしてくんない?」
「は!?」
「お願い!」
「いや、仕事中だから無理っしょ」
「なら手でもいいから」
「…。」

 

彼女は渋々、作業着のチャックから手を入れ、手コキしてくれました。

そして休憩時間になり、2人で昼食をとりましたが、まだ少し時間があります。

もう一度、
 

「お願い!フェラしてちょうだい!」
「はぁ、しょうがないな」

 

車を人気のない駐車帯の端に駐車します。

後部座席に移動すると彼女は私のズボンを半分脱がせ、咥え始めました。

やはり危険な場所ですると気持ち良さが違います。
普段彼女のフェラではイかないのに、この日は彼女の口へフィニッシュ!

次の日、適当な理由を付け2人で少し早めに出社することに。

早めにパトロールに出かけ、途中で人気のないところに停車し、またフェラをしてもらいました。

フェラをしてもらっている最中、彼女の股間に手を当てるとやはり濡れていました。

こんなことが続くと、要求も徐々に過激に。

最終的には道路をパトロール中、したくなったらすぐにフェラをしてもらっていました。

彼女にローターを仕込んだままパトロールをしたことも。

ピンクローターピンクローター

 
やはり「仕事中」「職場で」ですね。
シチュエーションがたまりません!

ある日、私と彼女は上司に呼び出されました。

このパトロール車についてるドライブレコーダーですが…。

外だけでなく、車内も撮影されるようになっています。
定期的に撮影記録をチェックしているそう。

この後の展開は思い出したくありません。
かなり大変なことになりました…。

リスクと快楽は隣り合わせ。
職場でのフェラは一度知ってしまうとやめられませんね。

職場でのフェラほど気持ちのいいものはない

職場でフェラする女性

 
職場でフェラをした女性は、言わばおあずけをくらった状態。

男性は気持ちよくなっていますが、女性の方はムラムラが収まっていないことが多いです。

仕事中も悶々と…

なので職場でフェラをしてもらった後、会社帰りにホテルなどへ行くとかなり燃えます。

ホテルへ行かずとも、公園やトイレなどで続きを行っても更に燃えます!

職場でフェラさせられれば、通常ではしないようなアブノーマルなプレイも受け入れるようになります。

ここまでくれば自分好みに調教することも可能ですね。

ぜひあなたも職場フェラ、楽しんでください!


週間人気ランキング

セフレ出会い体験談