【東京でセックス!】セフレとの出会い方と落とすコツを女性が徹底解説

東京は正直、セフレ作りに向いた街です。

なぜならシンプルに出会いが多いから。

遊び目的で、東京に出てくる女の子も多いですね。
田舎出身の女の子にとって、東京で男と遊ぶことは一種のステータス

もちろん出会いが多いからって、簡単にセフレができるわけじゃないですよ。

女の子は多いけど、同じようにライバルも多いです。
東京でのセフレ作りは、他の男性との差別化が必須。

女性目線で東京を見たときの、セフレを作れる場所と落とすコツをお伝えします。

出会いスポットの多い東京だからこそ、あちこち回ってセフレを探しましょう。

東京でセックスしやすい女の子の特徴

スキがある、ルーズな子を狙え!
人が多い東京だけに、手当たり次第に声をかけるのは時間のムダ。

セックスしやすい女の子を、しっかり狙いましょう。

露出が激しい

ひと昔前は、ギャル=露出でした。
でも今は、ギャルファッションの露出も落ち着いてます。

令和でもおっぱいや脚を露出するギャルは、男にだらしない証拠。

性的な部分をアピールするのは、男性に見られたい気持ちの表れです。
声をかけられることに、優越感を持つタイプです。

持ち物がだらしない

東京で街を見渡すと、1人はだらしない見た目の女性が目に入ります。

持ち物がだらしない女性の特徴は以下。

  • 靴が汚れている
  • カバンがボロボロ
  • 古い紙袋を持っている
持ち物をキレイにしておくのは、常識の1つ。

ごく一般的な常識が守れない人は、何事にも無頓着で貞操観念も崩れがち。

行きずりの人とセックスしても平気。
誰とでも寝れるって人が多いですよ。

持ち物がだらしない女性は、ナンパ師から見ても狙いどころです。

見た目がそれほど良くない

東京は可愛い子も多いですが、イケメンも多いです。
可愛い子は当然、イケメンに声をかけられまくってます。

一方見た目がそれほど良くない子は、ナンパされる機会が少なめ
ナンパに憧れている子も。

東京でナンパするなら、美人を狙いすぎない方が連れ出し率高いですよ。

特に避けられがちな、オタク女子やメンヘラ女子が狙いどころ。
ナンパに浮かれてるところを褒め倒し、即連れ出し狙いましょう。

酔っぱらっている

多くのお店が、深夜まで開いている東京。
ハシゴ酒がしやすく、酔っ払いがたくさん生まれる環境。

平日でも休日でも、遅い時間に歩けば必ず酔っ払い女子が見つかります。

酔っ払い女子のインスタ

酔うと理性が弱くなるのは、男性も女性も同じ。

酔っ払い女子にテンションを合わせて、楽しく連れ出ししましょう。
もう1軒行って、そのままホテルへ。

酔っぱらって持ち物がだらしない美人じゃない子なら、即率高いです。
次は東京のセフレ探しできるネトナン・ストナンスポットの紹介です。

1 2